kage.gif

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


T4 STYLEのランキングに投票

土地探し 番外編

テレビを見ていると土地にまつわる不安をあおる内容の情報がよく夕方のニュースなどで流れています。

その一つ目が、土壌汚染です。土壌汚染というのは、工場の跡地などでよくあるらしいのですが、有害物質が土壌に蓄積された状態のことです。工業地帯だったところなどでは、特に注意が必要なのですが、そうでない土地でも汚染した土壌を盛土に使い分譲された場所では同様の状態になります。こうした土壌汚染の土地に家を建てると、かなり大きな健康被害があるそうです。よく言われるシックハウスなどもこれが原因の場合があります。こうした土地は土の入れ替えが必要で、運搬もさることながら、その汚染した土壌の廃棄が問題になり、費用も馬鹿にならないそうです。テレビでは、住人の方が被害に遭われている例や奇形タンポポと呼ばれる茎が異常に太いタンポポや一つの茎にたくさんの花が咲くなどショッキングな映像を流しています。うちの場合は、念のため不安だったので盛土をしているかを聞いたのですが、切土した土を使っていてよそから土を運んでくるようなことはしていないとのこと・・・一安心です。

二つ目が自縛霊などのやつです。田舎の母親がテレビで見たと行っては連絡してくるので、それまで考えないようにしていたのにどんどん不安があおられていきます。とりあえず、この土地はなにか大きな事件事故で誰かが死んだとかそういった土地ではないようなので、心配していません。あと霊感は全くないのですが、自分がその場にいて気持ちいいと思えるので、おそらく大丈夫かと思います。ほんとうにやばそうな所はさすがに霊感無くてもイヤな感じがするでしょうから・・・

三つ目が風水です。風水は正直なところ信じている部分があります。それは、普通に信じた方が気持ちのいい暮らしができることがあるからです。たとえば、前が開け後方が高い土地などは吉相だそうですが、普通に考えても見晴らしが良くて気持ちが良いでしょう・・・。面白いのが、この吉相も、後方の土地が緩いと凶相だってところです。そりゃそうですよね、崩れてきそうですもん。理にかなった設計であれば、風水でも吉相になるはずです。ここは一つ建築家を信じるのみです。

気持ちのいい土地を見つけるには?

T4 STYLEの今の順位を調べる
The present ranking of T4 STYLE is investigated.


T4 STYLEのランキングに投票
スポンサーサイト

建築家の太鼓判 土地探し5/5

建築家の方に土地を見て頂くというのは非常に緊張しました。まだお会いして2回目でしたので・・・。あらかじめ土地が見つかるたびにFAXで転送していて、そのたびに土地の値段の高さを指摘されていました。もっと郊外で探されてみては?というアドバイスも受けていました。

今回は一応FAXで良さそうだという話にはなっていましたが、実際に見てもらうまでは不安です。そのころには、自分なりにプランも考えていたところでしたので、けっこう思い入れが入っていました。気に入ってもらいたいというのが正直なところです。場所は山の上の方なので、だんだんと緑が増える道のりを、建築家の方も気に入られている様子でした。実際に土地を見て頂いたところ、いい場所だと、ひとしきり周りを歩かれた後、その環境の良さに二つ返事でOKを頂くことが出来ました。こうして背中を押して頂いたことで、すぐに土地購入を決断し、不動産屋に連絡しました。

いい土地を見つけるには?
T4 STYLEのランキングに投票

4面から日が差す土地 土地探し4/5

緑が多く全体像が掴めない土地だったので、頼りになるのは開発計画の図面です。それをみると分譲地ではありましたが、わずかに5区画ほどで、その中に分譲地から外れたような土地が1箇所だけあったのです。変形地で、面積が約200平米あり、分譲地内に道路ができるため、西南角地になっています。同じ分譲地内の東南角地の土地に比べ安く、また、隣家が敷地の形状により離れているため、最初に希望していた、実質4面から日が差す土地でした。
ラッキーにも一般に公開される間に、この土地を選ぶことが出来たので、ほぼ気持ちはまとまっていましたが、高い買い物なので当然不安があります。そこで建築家の方に見て頂くことにしました。

いい土地を見つけるには?

T4 STYLEのランキングに投票

そこはジャングルでした 土地探し3/5

新築を建てることを考えると解体費用が馬鹿にならないのと、空き家が放つ独特な雰囲気(誰かが暮らしてた生活感や、霊とか出ないかな~という漠然としたもの)ということで更地を探します。更地を探していくと、ひな壇状の分譲地に連れて行かれることが多いです。普通のスペースで更地というのは、なかなか無く、ほとんどが分譲地でした。私はコンクリートの擁壁が好きではなかったので、分譲地は避けていました。盛土で出来たような擁壁だと崩れる心配も合ったのですが、どうも擁壁自体が好きになれませんでした。あと、擁壁が車庫になっていてその上に建物が建っているタイプもありますが、窓から車が観たかったのでこうした土地もパスしました。

toti01.jpgそんな中、不動産屋に紹介された物件の中で、まだ開発前の土地を紹介されました。行ってみると、そこはジャングルでした。正確には何年もの間放置され、うっそうと緑が生い茂っている土地です。全体像が掴めず、どこからどこまでかさえ分からないほど緑に覆われています。普通なら緑で日差しが遮られ暗いこの土地を見ると怖くてパスしそうなのですが、周りの環境に引かれ、この土地に対する思いが湧いてきます。この土地からは遠くに海が見え、道路脇に桜の木が植わっています。また、周りに緑が多く、小鳥やリスがたくさんいました。

いい土地を見つけるには?

T4 STYLEのランキングに投票

インターネットでの注意点 土地探し2/5

土地探しをインターネットで行う際に注意したいのは、建築条件ありの物件や再建築不可の物件で、金額だけで探すと、相場とかけ離れた安い物件が検索されることがあります。これらは検索の際にチェックするなど、基本的にパスしなければなりません。また、どちらでもない格安の物件でも、行くとその安い訳がよく分かります。土地までの道路が以上に狭かったり、計画道路といって将来的に大きな道路に面する土地になる条件があったり・・・。あと危険な魅力があるのは崖地です。崖地は非常に安く、坪単価が異常に安いので、魅力的に見えます。うちの場合も検討の範囲内だったのですが、漠然とした不安(崩れたらどうしよう!?)に駆られながら暮らしていく自信がなかったのと、土地が担保にならないようではお金を借りることが出来ないため、パスすることにしました。これは、崖地=眺望の良さということで、非常に悩ましい決断でもありました・・・。

いい土地を見つけるには?

T4 STYLEのランキングに投票

都内の現実 土地探し1/5

はじめは、延べ床面積を130平米と考えて、都内で30坪、建蔽率100%、容積率150%で探していたのですが...。実際に物件を見るたびに、隣近所との距離の近さにウンザリしてきていました。これでは地面があり、少しだけ壁と壁に空間ができますが、ほとんど近代的な長屋のようなタウンハウスと変わりません。狭小住宅は基本的に好きですが、隣家とのスペースは十分取りたかったのです。
現在住んでいるマンションでさえも建築家の物件のため、上下の関係はありますが、隣の部屋がないつくりになっています。部屋の4面に日が差す窓がある生活は、土地探しにも大きな影響を与えることになりました。だからといって4面に日が差す土地というのは、都心では貴重です。建蔽率が高ければ、自ずと隣の敷地の建物がギリギリまで立ち上がっていますし、当然のことながら角地は通常よりも高いです。そこで、範囲を拡げもう少し広い土地を探すことにしました。

探す手段としては、インターネット、新聞広告を利用しました。とはいえこうして広告に出てくる情報は、売れ残りが多いということも、本などで読んでいたので、あくまでもいい物件を扱っていそうな不動産屋を探すための手段として利用しました。当初都内で探していたときは、直接不動産屋にも赴きましたが、都心から離れた不動産屋を探す際にはインターネットが非常に役立ちました。

いい土地を見つけるには?

T4 STYLEのランキングに投票

 | HOME | 

08  < 2003-09 >  10

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Monthly Archives




2010 New VolksWagen T5 California Comfortline space.gif


エックスサーバー
さくらのレンタルサーバ
ムームードメイン
ロリポップ!
プチ
ドスパラ
vector
Color Me Shop! pro
写真素材【PIXTA】
A8.net

Categories Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

profile

VW Westfalia Eurovan CV '94

VW Westfalia Eurovan CV '94

当ブログはリンクフリーです
↓をご自由にお使いください

t4styleバナー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。